レビュー済み商材評価カテゴリー

→商材評価C(評価に値しない)
----------------------------------------------------------------------------
→商材評価B(オススメしない)
----------------------------------------------------------------------------
→商材評価A(評価する)
----------------------------------------------------------------------------
→商材評価AA(高い評価)
----------------------------------------------------------------------------
→商材評価AAA(非常に高い評価)

ゴルフ教材ナビとは?

「ゴルフ教材ナビ」は、 主にインフォトップで販売されている「ゴルフ教材」を、 販売ページに記載の情報を元に検証・レビューをしていくサイトです。記事の続きを読む⇒

ゴルフのスコアに直結するわざ、アプローチを決める方法とは?

いつも、あともう少しのところで90が切れなくて悔しい思いをしていませんか。

ゴルフでは、始めにしっかり距離を稼いで、グリーンで確実に決めるというイメージですよね。

ところが、精神的なプレッシャーがかかってくるのがアプローチです。

グリーンの向こうがガクッと下がっていたり、池や、バンカーがあるとそれだけでしっかり打つのが怖くなってショートしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

そんなときでも、ボールに回転をかける感覚がつかめると思ったところに落とせる自信がつきますね。

アプローチが崩れないためのコツは・・・

① バックスウイングと同じ感じで丁寧に押し出すようにボールを打ちます。

ヘッドが手元を追い越さないように、落ち着いたリズムで打てる様に練習します。

フルスウィングせずに距離を調節していかなくてはいけませんから、クラブを運ぶスピードを安定させるためには、バックスウィングとダウンスウィングのリズムを同じにするといいですね。

ボールにインパクトさせるときに力まずにクラブが振れるようになります。

② 距離の調節にバックスピンを使える様にする。

ボールをうつ強さだけで調節するよりも、ボールの回転を自由に使えると、しっかりピンに寄せて行きやすくなります。

転がりすぎることを怖がってショートしたりすることがなくなるので、是非、覚えたいですね。

ボールの中心部より下をこするように、右手首を折った状態で振り下ろします。

最後で崩れることがないと、ゴルフが楽しくなりますね。

ゴルフがうまくなりたいならレッスンを受けなきゃダメ?

ゴルフは好きな人が多い分、初心者はだれの言うことを信じたらいいかわからなくなってしまうことが多いものです。

でも、レッスンプロに習ったとしても、理論が違う人につけば、以前に習ったレッスンプロと違うことを言われることもあります。

ゴルフ初心者がまず出来るようになりたいことは、「安定していつも同じように振り抜ける。」と言うことです。

アドレスやグリップ、テイクバック、ダウンスイングフォローと形を整えることに気を使うものですが、あまりこだわらずにリラックスして振れる形をからだで覚えて、力まずにスイングできる感覚を養うのも大切ですね。

一つ一つの動きを分解してチェックすることが、よく働くこともあれば、自然な動きを邪魔してしまうこともあります。

スイングを支えるのは下半身ですから、下半身の脚力が無ければ安定してスイングすることが出来ません。

スイングがぶれてしまう人や、うまくミートできない時に筋力が無いのに、プロゴルファーのダイナミックなスイングをまねても、うまくいくものではありません。

体力や体格にあったスイングというものがありますし、力まず素直にクラブを振れることを目標に素振りを繰り返すことが大事です。

力まず振ることを繰り返しているうちに、自然に必要な筋肉もつき、あれこれ考えずに合理的な動きが出来るようになっていきます。

いろいろ考えすぎて安定しないという悩みには、素振りで自然なスイングをカラダにしみこませることをおすすめします。

ゴルフスイング動画レッスンがヤバイ!充実のyoutube動画

ゴルフ飛距離upを狙いたい、強いボールを打ちたいと思うと、腕が先に出てリズムがうまく取れず左肘を抜いてしまうという悩みがある人は多いですね。

多くのサイトでも取り上げられていると思いますが、ゴルフのレッスンサイト、Q&Aを調べて見ると、youtube動画で実際の動きを交えながらレッスンプロが開設している動画がたくさん見つかります。

Q&Aなどは、スマホで移動時間に耳に入れておくだけでも参考になりますね。

たとえば、左肘を地面に向けろなんて言われることもありますが、肘の内側が正面を向くようにすると自然に良い形を取ることが出来ます。

手先のグリップの握り方から腕の使い方に癖が出ると言うこともありますが、左肘がヌケてしまう癖があるのなら、是非試してみたいですね。

左手の使い方も自然に良くなってくるでしょう。

もう一つ取り入れてみたいのは、一定のリズムを練習するのにスマホのメトロームアプリで、60~70ビートで練習するのもいいですね。

どうしても、アイアンとドライバーでリズムが変わってしまうものですが、いつも同じタイミングで打てるようになると、ミスショットが減ってきます。

こうしたゴルフプレーに欠かせない基本について、丁寧に解説されていますから、練習の目標が見えてきて、モチベーションアップにもつながります。

本来なら、レッスンを受けるか、レッスンをまとめたDVDでなければつかみにくいゴルフスイングを、動きを交えて研究出来るので活用していきたいですね。

ゴルフの練習方法のヒントはここから!百切りを目指した練習

ゴルフを始めて、百が切れない・・・という悩みを持っていませんか。

練習はしているのだけれど、まっすぐ飛ばない、距離が出ない、ゴルフパートナーにも申し訳ないような気分になってしまいますね。

練習方法のヒントは、日常のあちこちに転がっていると言うことが、youtubeでゴルフスイングを調べたり、ゴルフスイングの動画を見るだけでわかります。

それに、たくさんの人が飛距離アップ、ゴルフネットを検索していますから、同じ悩みを持っている人も多いのだなんてちょっとほっとしますね。

迷惑をかけてはいけないとか、ミスをして恥ずかしいといった精神的動揺で乱れがでることが多いスポーツがゴルフですから、気持ちはおおらかに、けれども集中力はきらさないといったスタンスで臨みましょう。

ゴルフスイングの動画の活用方法ですが、コマ送りで一つ一つのフォームをまねするのは良くありません。

リズムをまねするくらいの気持ちで、リラックスしてスイングしましょう。
トップからダウンスイングは、迷いなく一気に振り抜きたいものです。

ゴルフスイングの基礎を紹介している動画もありますから、アドレスの決め方、クラブの握り方、頭の位置を固定すること、ハーフスイングでつかんだ感覚を生かすといったことを参考にしたいですね。

練習のポイントはひとつだけに絞って毎日行いましょう。

自分のスイングを撮影して、ゆっくり確認することも効果的です。

基本のスイングが自然に出来るようになると、自然と百を切る様になってくるでしょう。

ゴルフはメンタルが命!出来ていることを褒める視点を持とう!

ゴルフは日常の動作にない、長いクラブでボールを打つのですから、自然に出来るようになるまで練習するのが大切ですね。

ここで、苦手意識があったり、失敗したら嫌だなとか考えすぎていては安定した打球を打てるようにはなりません。

練習場では会心の当たりなのに、コースに出るといつも調子が悪くてがっかりしているなんていう方は、練習球の特徴を知っておくといいですよ。

ゴルフ練習場で使われているボールというのは、レンジボールと言ってコースで使用するボールとは違う特徴を持っています。

玉離れが悪く、スピンが多くなる、打ち出しが低いという傾向があります。

練習場でミスショットが出ると大きく曲がりやすいのは、こうした特徴が影響しているといわれています。

こうしたことを知らずにいると、練習場での感覚との違いに、コースに出て焦ってしまいます。

感じが違うと力んでしまって調子を崩すこともあるのです。

練習場で大きく曲がった弾道を出していなければOKで、少しスライスするくらいでちょうど良いのだと思いましょう。

練習場のレンジボールと、コースで本球を打ったときの違いを、あれこれ考えすぎることが不調の原因だと言うこともあります。

ちょっとイメージ通りに打球が飛ばないだけで、スイング軌道を気にしたり、多くのチェクポイントをおさらいしてしまうことは避けたいですね。

うまく出来ていることを見つけて、今日は良く振り抜けているとか、リズムがいいとか肯定的にとらえて、メンタルで崩れないようにプレーしたいですね。

ゴルフプレー時のレベルブローとアッパーブローを考える

気持ちよく振り抜いたはずなのに、天ぷらショットになってがっかりということはありませんか。

ゴルフの一打目を飾るドライバーは、ティーアップして打ちますからボールの底をたたいてしまって前に飛ばずに上に上がるショットになりやすいのです。

これは、ダウンブローといって下降軌道が強すぎて起こることがあります。

ドライバースイングでも、レベルブローやアッパーブローといったアイアンの基本軌道を確認してみましょう。

軌道がアウトサイドインになりがちな人、手首の角度が問題になっていることが多いものです。

ゴルフスイングは頭の位置が重要だと言いますが、こうしたミスショットも頭の位置を意識することで修正出来ます。

スウィングを始めたときと、インパクトの頭の位置がずれないようにスウィング出来れば、レベルブローになりますが、頭の位置が後ろに残るとアッパーブローにすることが出来るのです。

ダウンブローの時には、アウトサイドインの軌道になっていることが多いので、ヘッドの一番低くなるポイントが目標よりになってしまうことで天ぷらショットが生まれると言うことなのです。

もう一つのポイントである手首の位置ですが、手首を解放するタイミングをもう少しだけ早くして、クラブのスピードが一番出ているときにインパクトできるようにしてみましょう。

ヘッドの入射角を安定させるトレーニングとしては、ティーよりも目標よりに四つ折りのハンドタオルをおいて、それにぶつからないように振ると強いダウンスイングを解消することが出来ます。

ゴルフ上達には自宅にゴルフネット設置!どうやって購入する?

ゴルフを始めて大切なことは、毎日練習すること!

仕事もあるし練習場に毎日は通えないし、スコアアップを目指すなら、毎日クラブを振るのが基本ですよね。

自宅でできる練習としては、パターマット、ゴルフネットを準備出来るといいですね。

スポーツ店で実物を見て購入してもいいですし、ゴルフ通販サイトを利用するのも手軽でいいですね。

■ゴルフネットの選び方

ミズノのキャンバス的付きのネットは、送料を入れても10,000円~12,000円程度、折りたたみ可能なタイプでも幅215㎝×高さ155㎝なら5,000円以下で、幅310㎝×高さ260㎝でも6,000円前後のものがでています。

庭に設置して練習できるように設計されていますから、毎日使うなら、据え置きがラクです。

軽いものは、風で飛んだり動いたりしてしまうこともあり、片付けなければいけないことが多いです。

環境が許すなら、据え置きのネットを設置して、毎日練習したいですね。

■パターマットの選び方

自宅でできる最も手軽な練習ですし、スコアを崩さずに確実なプレーを支えるのがパターですから、使いたいですね。

ネットでは、パターマットをはじめとした、パターに絞った練習器具の専門店があります。

芝の転がりを順目、逆目の違いも再現されたマットが、6,000円前後で入手できます。

パターでは、まっすぐ転がすこと、タッチをカラダにしみこませるといったことが重要ですね。

距離感マスターカップを利用して、毎日パターを扱うことで自然に感覚がつかめてきます。

ゴルフの鉄則!わきを締めるといいスウィングになるのは本当?

ゴルフを始めた頃に、わきを締めて振り抜くスウィングを教わったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

でも、今ひとつ納得いかないまま、窮屈な思いをしてスウィングしているということはありませんか?

なぜ、ゴルフでは、わきを締めたスウィングが良いのかポイントを理解しておきましょう。

ゴルフは、クラブを背骨を軸にした回転で振り抜くことでボールを遠くに飛ばすことを可能にしています。

ここで注意したいのは、わきを締めるといった時に肘を寄せて窮屈なフォームになってしまうことがありますが、本来意味するところは、手打ちにならずにカラダの回転を利用したスウィングをすると言うことなのです。

肩に力が入るほど締めてはやり過ぎですから、二の腕がカラダに触れている感じがいいですね。

回転する動きを利用してロス無く力を伝えようとしたときに、腕は体幹の出来るだけ近くを通過するのがいいのです。

腕が伸びてわきが空いた状態でクラブを振ると安定しませんが、わきを締めてカラダの近くの軌道を使うことで、再現性の高いスウィングになるのです。

アームレスリングの選手はわきを締めて腕に力が入りやすいフォームで試合をします。

これは、力を入れる支点を近づけると、安定した動きができるということの例でもあります。

ゴルフは、足下が平たんでも傾斜でも、コースのどの位置からでも、いつも同じようにスウィング出来ることが大切です。

わきを締めたフォームで、安定したスウィングが出来るようにしたいですね。

ゴルフでは、ヘッドを走らせると言った表現が使われます。

華奢に見える女子選手でも、トッププレイヤーは、ドライバーで250ヤード飛ばしています。

ヘッドスピードそのものが、アマチュアゴルファーと変わらないか、それ以下であっても女子プロゴルファーは、距離を出してしまうのです。

運動部に所属経験のある、腕力に自信のあるアマチュアは、力に任せて距離を稼ごうとしがちですが、ゴルフの飛距離は、ヘッドスピードばかりでなくスピン量や初速が問題になってきます。

回転が多すぎると距離が伸びず、腕力はあるのに飛ばないという悩みを持つことになります。

ゴルフでは、ヘッドを走らせる腕の使い方をマスターすることで、距離が出るようになるのです。

シャフトがビュンと音を立てるように、クラブを振り抜きます。

このとき、テイクバックとフォローで腕のローテーションがうまく出来ていると、力むことなくカラダの正面でビュンと音が鳴るはずです。

しなりをうまく利用して振っている感覚が大事ですから、ゴムホースなどしなりが感じられるものを使ってスイング練習するのもおすすめです。

カラダや腕をしなやかに使って、しなり逆らわずに音を立ててスウィング出来るように腕を使う工夫をしてみましょう。

カラダに腕が巻き付くような動きで体幹をしっかりさせて、一気に振り抜く感覚をつかみましょう。

左肘が折れていたり、わきが空いてしまうのはNGですから気をつけてくださいね。>

1.ヘッドアップ

スコアが80くらいになってきた人でも、頭が早く上がると最後までボールを見ることが出来ないのでスコアが乱れてきます。

ボールの行方が気になって無意識にインパクトの瞬間を見ることなく頭が上がることで、思うようにボールが打てなくなるのです。

リラックスしてインパクトの瞬間を見るつもりで丁寧にスイングすることです。

ゴルフは、いろいろなポイントを気にしだすと、スイングのバランスそのものまで乱れてしまい、ラウンド中に取り戻すことが出来なくなことがあるのでまずは、ヘッドアップをチェックしましょう。

2.スライス

インパクトでフェースが開いていることが原因になっていることが多いですね。

「ゴルフコースで、まっすぐ飛ばせたら距離が稼げるのに・・・。」

スライス回転のボールは、バックスピンもかかっているので距離そのものもでない打球になっていることが多いのです。

そんな悩みを解消するためには、ハーフスイングで6割程度の力でわざとフェースを開いたままでスイングして、戻す感覚を確認します。

ドローボールが打てるようになったらいつもの打ち方にすると良いでしょう。

3.強いインパクトが出来ない

ゴルフの爽快感は、ショットがしっかりミートしてボールが遠くへ飛ぶ瞬間似感じるのではないでしょうか。

なのに、遠くへ飛ばしたいと思い切りクラブを振っているのに、しっかりミートできないと感じることも悩みの種です。

強い風を送るようなイメージで、回転に逆らわずしなやかな動きでスイングしたいですね。

自然なスイングのリズムを、素振りでしっかりカラダにしみこませることで、ブレないでボールを打ち込むことが出来るでしょう。

ゴルフでスカッと距離を出す!こんな練習で腕の使い方が変わる!

ゴルフでは、ヘッドを走らせると言った表現が使われます。

華奢に見える女子選手でも、トッププレイヤーは、ドライバーで250ヤード飛ばしています。

ヘッドスピードそのものが、アマチュアゴルファーと変わらないか、それ以下であっても女子プロゴルファーは、距離を出してしまうのです。

運動部に所属経験のある、腕力に自信のあるアマチュアは、力に任せて距離を稼ごうとしがちですが、ゴルフの飛距離は、ヘッドスピードばかりでなくスピン量や初速が問題になってきます。

回転が多すぎると距離が伸びず、腕力はあるのに飛ばないという悩みを持つことになります。

ゴルフでは、ヘッドを走らせる腕の使い方をマスターすることで、距離が出るようになるのです。

シャフトがビュンと音を立てるように、クラブを振り抜きます。

このとき、テイクバックとフォローで腕のローテーションがうまく出来ていると、力むことなくカラダの正面でビュンと音が鳴るはずです。

しなりをうまく利用して振っている感覚が大事ですから、ゴムホースなどしなりが感じられるものを使ってスイング練習するのもおすすめです。

カラダや腕をしなやかに使って、しなり逆らわずに音を立ててスウィング出来るように腕を使う工夫をしてみましょう。

カラダに腕が巻き付くような動きで体幹をしっかりさせて、一気に振り抜く感覚をつかみましょう。

左肘が折れていたり、わきが空いてしまうのはNGですから気をつけてくださいね。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ