ゴルフでスカッと距離を出す!こんな練習で腕の使い方が変わる!

ゴルフでは、ヘッドを走らせると言った表現が使われます。

華奢に見える女子選手でも、トッププレイヤーは、ドライバーで250ヤード飛ばしています。

ヘッドスピードそのものが、アマチュアゴルファーと変わらないか、それ以下であっても女子プロゴルファーは、距離を出してしまうのです。

運動部に所属経験のある、腕力に自信のあるアマチュアは、力に任せて距離を稼ごうとしがちですが、ゴルフの飛距離は、ヘッドスピードばかりでなくスピン量や初速が問題になってきます。

回転が多すぎると距離が伸びず、腕力はあるのに飛ばないという悩みを持つことになります。

ゴルフでは、ヘッドを走らせる腕の使い方をマスターすることで、距離が出るようになるのです。

シャフトがビュンと音を立てるように、クラブを振り抜きます。

このとき、テイクバックとフォローで腕のローテーションがうまく出来ていると、力むことなくカラダの正面でビュンと音が鳴るはずです。

しなりをうまく利用して振っている感覚が大事ですから、ゴムホースなどしなりが感じられるものを使ってスイング練習するのもおすすめです。

カラダや腕をしなやかに使って、しなり逆らわずに音を立ててスウィング出来るように腕を使う工夫をしてみましょう。

カラダに腕が巻き付くような動きで体幹をしっかりさせて、一気に振り抜く感覚をつかみましょう。

左肘が折れていたり、わきが空いてしまうのはNGですから気をつけてくださいね。

きれいなフィニッシュのコツ

綺麗でかっこいいフィニッシュは、
それだけで上級者に見えるポイントです。

これは、正しいゴルフスイングの集大成の結果が、
フィニッシュのスタイルになって現れるからです。

きれいなフィニッシュの体勢をつくることを意識していくと、
自然とスイングの問題点も明らかになっていきます。

フィニッシュが綺麗にかっこ良く見えるポイントが、いくつかあります。

意識してそのスタイルになるように練習してみましょう。



フィニッシュの足の形


下半身のポイントとしては、
左足の爪先の向きがアドレスから変わっていないこと。

この向きが変わっているとすると、
インパクトで左足がしかりと時計回りに捻られていません。

また綺麗なフィニッシュでは、
右足はつま先立ちに垂直に立って足の裏が目標と反対に向きます。

この形にするためには、十分な右足の蹴りが必要なことと、
インパクトまでボールに向かっていた蹴りの方向が、
インパクトと同時に目標の反対方向にねじられる感覚が必要です。



フィニッシュの左手の形


ゴルフのプロや上級者のフィニッシュでは、
フェースの向きがかなり下向きになっています。

これは、左手のひらが空を向くほど返っていて、
インパクトで充分にスナップされていることを意味します。

インパクトでスナップがしっかりしていると、関節の相関関係から、
フォローで左肘が「フライングエルボー」になりにくくなります。

フィニッシュで左手のひらを上に向ける意識は、
正しいインパクトを作りやすくなるということです。

フォローのコツ

ゴルフスイングのフォローは実際にはボールを打った後なので、
球筋に影響が出ることはないのですが、
インパクトの直後の体の動きが正しくゴルフボールを捉えたかのバロメーターになります。

逆に云うと、正しいフォローのスタイルを意識することで、
正しいインパクトフォームを作りやすいと言えます。

大きなフォローを心がけると、
結果的にインパクトフォームが正しくなると同時に、
しっかりしたヘッドスピードの維持にも繋がるわけです。



体と頭を起こさない


レッスンなどでゴルフスイングのフォローの時によく言われる注意点に
「ヘッドアップしないこと」があります。

これは「打った後もボールのあった位置を見続けること」が目的ではなく、
インパクトフォームの時に右傾の体勢が崩れて体が起き上がらないようにすることが目的です。

「ボールの行方を追わないこと」よりも「体や頭が起き上がらないこと」に意識を向けましょう。

このためには「飛んでいくボールの下側をのぞき込むイメージ」や
「ボールを追う目は下から上ではなく右から左に動かす」ことなどがコツになります。



フォローは右手を伸ばす


大きなフォローは、意識的に右手を目標に伸ばすことで作りましょう。

インパクトの直後に左手首のスナップで引っ張られた右手を
そのまま一気に真っ直ぐ目標に向けて伸ばす意識です。

この時、胸の向きも目標に向かいますので、
ゴルフクラブは真っ直ぐ体の正面で目標に向かっている体勢になります。

手首が甲側に返った左腕の「脈」をとるあたりと、
右腕の前腕の内側がぶつかるくらいの感覚が分かると球筋も安定してきます。

インパクトのコツ

ゴルフボールを狙ったところに飛ばすには、
「最も重要な瞬間であるインパクトを、
いかに正しいフォームで迎えるか?」しかないと言っていいと思います。

正しいインパクトフォームでは、
アドレスと違って腰の向きが目標側にねじれています。

この為に背骨と上体の角度は、
アドレスのように前かがみではなく
「右に倒れた形」を意識する必要があります。

インパクトの瞬間のゴルフクラブのスイングの動きは
「前かがみになって右から左にクラブを振る」というよりは
「右に倒れた体勢でゴルフクラブを後ろから前に振る」という感覚のほうが合っています。



一気に左手首をスナップ


ゴルフのプロや上級者のフィニッシュを見ると、
左手のひらが空を向くほど、手首が甲側に返っています。

どこで、ここまで手首を返しているかというと、インパクトの瞬間です。

この時、ローテートやコックが動かずに、
スナップ方向だけできるだけ瞬間的に返すことがポイントです。

左手首が充分に返ると、
この後のフォローでも左肘が体の外に抜けなくなります。

また、返った左手首に引っ張られる形で右手が伸びますので
結果的に大きなフォローを作ることができます。

もちろん、インパクトの瞬間のヘッドスピードも上がります。



ターフは目標に真っ直ぐ


このインパクトの瞬間に意識することがあるとすれば、
「ボールを捉えた直後の20センチくらいは、ヘッドを真っ直ぐ目標に向けて動かす」ということです。

イメージとしては、ショットで剥ぎ取るターフが、
真っ直ぐ目標に向かって跡が残る感覚です。

実際にターフが取れなくても、この区間のヘッドは、
そのイメージの上を動くように意識しましょう。

ここが真っ直ぐ動かないと、出球の方向が狂います。

真っ直ぐに行かない理由は、ダウンスイングでシャフトが正しい角度で下りていないか、
腕のローテートがトマ行っていないかのどちらかです。

ダウンスイングのコツ

ゴルフのダウンスイングで重要なのは、
シャフトが正しい角度で落ちてくることです。

このダウンスイングのシャフトの角度が、
ヘッドの軌道に直結しゴルフボールの打ち出しの方向を決定します。

ヘッドがアウトサイドインに入るのは、
シャフトが前側に、インサイドアウトに入るのはシャフトが後ろ側に倒れていることが原因です。

まずは、真後ろからビデオ撮影するか、
大きな鏡や窓に真後ろからのフォームを写して確認しましょう。



真後ろから見て一直線


アドレスの時のボールの位置とグリップの位置を結ぶ線を引き、
その線を上に延長して、ダウンスイングの時にゴルフクラブのシャフトがその線から外れないようにスイングすることが「標準」です。

コツとしてはトップで確認した右手と左手の関係を崩さず、
どの瞬間を取って止めても右手がシャフトを拭き掃除できる角度に保たれていること。

この為に、しっかりと右腋が締まり、なるべく早く右肘が体に密着させること。

また、左の親指などでクラブを押し下げるような「コックを崩す動き」をさせないことがポイントです。



左足を時計回りに捻る


インパクトの時に踵や爪先が浮いて、踵か爪先のどちらかが軸になって、
スイングに引っ張られる形で反時計回りに足が動くと、
ヘッドは真っ直ぐにボールを捉えません。

左膝がスイング中に左側に開かないように、
左膝の向きや位置とボールとの関係が崩れないように意識しましょう。

このためには、ダウンスイング中には、左足を固定するというよりも、
もっと積極的に太ももを時計回りに捻る感覚で、
足の裏全体をしっかりと地面に踏み込む意識が重要です。

切り返しのコツ

ゴルフのスイングは、
この「切り返し」がスタート地点だと言っていいでしょう。

正しいインパクトのために、正しいトップを作ったら、
切り返しがスイング開始「用意・ドン」のきっかけです。

考え方としては、陸上競技のスタートに例えると、
このトップでの「切り返し=ドンの合図」からを「ゴルフスイング」、
これ以前は、アドレスに入る前のルーチーンから一連の動作で「スイングの準備=位置に突いて」、
テークバックが「用意」だというふうに捉えることもできます。

スポーツとしてのメンタリティから見ると
この「切り返し」で「静」から「動」に変わる意識が必要です。



「静」と「動」の間に「間」


陸上で走る競技でも「位置について」「用意」と「ドン」の間に瞬間的な「完全停止」があります。

「静」から「動」に変わる瞬間に、
精神的にも肉体的にも必要な「間」です。

ゴルフスイングでも同じように、切り返し開始直前に
完全に精神的にも肉体的にも「完全静止」する「間」がないと
ベストなパフォーマンスは出しにくくなります。

「用意」までの間は、理性や計算も含めた慎重なゆっくりした形作りで、
「ドン」の合図をきっかけにした切り返しとゴルフスイングの開始からは
直感的で大胆なスピードある動きになります。

このメリハリがゴルフスイングの重要なコツです。



右足が「スターター」


陸上競技と違って、ゴルフの場合は「位置について、用意、ドン」の合図は自分で出します。

意識的に「用意・ドン」と合図したら、
まず最初に反応するのは右足の蹴りです。

ほとんど「ボールを蹴る」つもりの方向に右足を蹴りこんで、
その勢いで腰の向きを、まず先に一気にインパクトフォームの位置まで持っていく感覚でスイングを開始します。

「ドン」を自分で合図しますので、
同時に右の蹴りと腰の回転が始まり、
後から上半身やゴルフクラブが「合図を聞いて動き出す」という感覚が切り返しのコツになります。

トップのコツ

ゴルフスイングでは、
多少テークバックが乱れていても、
切り返しの直前のトップの形で正しく修正されていれば、
正しいインパクトフォームに持って行く事は可能です。

切り返しの直前に瞬間のタイミングを取るのは、
直感的な要素で、トップが正しいことを把握認識することが目的と言えます。

正しいトップの最大の敵とも言えるもう一つの大きな要素が
「フライングエルボー」です。

右腋の締めが甘くなり、右肘が体の外側に出ると、
「ダフり」「トップ」「シャンク」「スライス」「フック」「空振り」など
ほとんどのゴルフのミスショットの原因になりえます。



トップでクロスに入れない


フライングエルボーが起きたことは、
トップの位置でのゴルフクラブのシャフトの向きに現れます。

右手がかぶり気味になることでシャフトが正しい軌道よりも上側・外側に倒れて、
トップの位置で目標よりも右にヘッドが出る「クロスに入った状態」になります。

これを避けるには、テークバックの最後、トップの直前で、
意識的に右手のひらを空に向ける方法がコツのひとつです。

手首を甲側に倒すと、関節の相互関係で自然と肘が体から離れ難くなります。



常に右手でシャフトを拭掃除


また、テークバックからトップの直前にかけて、
右手と左手の接続点が緩まないように意識するのもひとつのコツです。

左手親指の付け根と右手のひらの手首の近くの密着や、
左手人差し指の第一関節と右手小指の付け根の密着は
アドレスで作った形がそのままトップで隙間が開いて緩まないように意識するのがポイントです。

練習では、トップの位置で一度止めて、
右手でシャフトを拭き掃除するように自由に擦れる角度にゴルフクラブのシャフトが上がっているか確認しましょう。

テークバックのコツ

綺麗で正しいインパクトフォームに結びつけるためには、
正しいトップの位置に持って行くことが重要です。

テークバックは、腰のキレを出すための体のねじれを作ることと、
ゴルフクラブを正しいトップの位置に持って行くことが目的です。

これも人それぞれで違う色々な工夫がなされています。

特殊なケースとしては、
アドレスからいきなりトップの位置に「ひょいっ」と真っ直ぐゴルフクラブを持ち上げる人もいます。

そのほうが「正しいトップ」に持って行きやすければ、
間違いではありません。



腕を振らずに体を捻る


基本的にゴルフスイングでは、
肩から肘までの上腕部分が体の幅よりも外側に出ることはありません。

従って腕が左右に振られるのは、
インパクトの瞬間の前後、ほんの僅かな間だけで、
それ以外は「体の幅より大きく左右に振らない」ことを意識して
体そのものを捻っていくことがポイントです。

このためには、アドレスからテークバックを始めたら、
できるだけ長い時間、右肘を体から離さずにクラブを上げて、
密着した右上腕と右腋で体を捻りきるという意識がテークバックのコツと言えます。



右太ももを反時計に捻る


正しいトップに持っていくのがテークバックの目的ですが、
正しいトップの大敵のひとつが「スゥェイ」です。

トップの時点で、骨盤の位置が目標の反対に横方向にずれると、
ゴルフクラブのヘッドをボールの位置に戻すことはできなくなります。

これを避けるために、腰を右にスライドさせないことが重要です。

このためのコツとして、
しっかりと右足の太ももの筋肉を「反時計回り」に捻る意識で、
腰を左に押し戻す感覚が必要になります。

レッスンでよく見かける「右のお尻を真後ろに引く」という表現も、
同じ事を目的にしています。

グリップの握り方のコツ

ゴルフスイングの軌道や
フェースの向きをばらつかせる要素になるのが、
「不必要な指の力」です。

「どう握ればいいか」の前に
「どの指がどのように悪影響を及ぼすか?」
を把握すると、消去法で握り方のコツがわかってきます。

ゴルフクラブのグリップの仕方は、これまでの長い歴史の中で、
いろいろな人達がこの為の工夫を重ねてきた結果ですが、
まだまだ「完成」しているわけでもなく、
またひとそれぞれ完成形が違うと考えたほうがよさそうです。



左手親指と小指は外す


左手で「悪さ」をするのは、筆頭が親指です。

ゴルフのスイングで「ダフる」場合の多くが、
左手の親指でクラブを下方向に押し付け、コックを崩しています。

親指をクラブに沿わせると起こりやすいのですが、
かといって握りこむようにすると、右手との一体感の邪魔になります。

左手の親指は伸ばしてシャフトと平行に立て、「シャフトの向きを感知するアンテナ」という意識がいいと思います。

また左手の小指も、握りすぎるとコックを崩してダフりの原因のひとつになります。



中指と薬指で握る


右手で「悪さ」をする筆頭は人差し指です。

人差し指側に力が入ると、
チークバック中には「フライングエルボー」の原因になりやすく、
インパクトの瞬間には「トップ」や「引掛け」の原因になります。

また右手の小指も、握りこむとコックを崩して「ダフり」などの原因になります。

右手の小指がほとんどの場合、グリップから完全に外すことが多いようです。

何れにしてもクラブは、残りの「悪さをしない指」で握ることがコツです。

残っているのは左右ともに「中指」と「薬指」ですので、
この4本でしっかりとゴルフクラブを握り、
残りの指は「邪魔にならないように」工夫するわけです。

どうすれば邪魔にならないか、人それぞれ違いますので、
ご自身なりに工夫してみましょう。

ゴルフのインパクトフォーム

ゴルフのスイングで最も重要な瞬間はゴルフボールとクラブヘッドのインパクトです。

この瞬間にゴルフクラブのフェースの向きやヘッドの動きの軌道が正しくゴルフボールを捉えているかで、
全てが決まります。

アドレスやテークバック、切り返し、ダウンスイング、フォロー、
フィニッシュなどのいろいろなコツは、
全て「いかに正しくインパクトを迎えるか」のための工夫に過ぎません。

アドレスやトップのフォームが綺麗でも、インパクトまでに崩れてしまっては、
全てが無駄ということになります。



腰が入ってキレのある下半身


正しく綺麗なインパクトフォームを体で思えることが、
最も重要で上達への最短距離です。

まずは、アドレスの形やダウンスイングよりも、
インパクトの瞬間の形を、体形が似ているプロや上級者を選んで、
コピーする気持ちでまねして作ってみましょう。

下半身のポイントは
「骨盤がしっかりと立って、ヒッピアップして腰が入っている」
「左足の裏が全て地面についていて、左膝がボールを向いている」
「腰がなるべく目標に向かって捻られている」



両腋が締まって体に密着


上半身とクラブのポイントとしては、
「背骨が腰の付け根から直線的に右に傾いている」
「左肘がしっかりと伸びて、おヘソのあたりに重なっている」
「右手の肘が脇腹(盲腸のあたり)で体にくっついている」
「ゴルフクラブのフェースが目標を向いている」
「クラブのシャフトがやや目標側に傾いている」

これが綺麗なインパクトフォームだと思う形を、
止まった状態で作ってみて「それ以外のスイングの要素は全て
この形でゴルフボールを捉えるためにある」と意識してスイングを作りましょう。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ