フェースバランスタイプ

アイアンや初期のパター等ゴルフクラブのほとんどは、
机の上にシャフトを置いてヘッドを机の端から外に出すと、
ヘッドの重さでトゥが下に降り、フェースは横を向きます。

このタイプはどうしても、トゥ側が思い分、
スイングアークがインサイドインのワイパーのような弧形にクラブが動かないと、
安定して正しく真っ直ぐにフェースがボールに当たりません。

この振り方は、ショットではいいのですが、
パッティングではラインを出すのが難しい傾向にあります。



ラインを真っ直ぐなぞる


ゴルフのパッティングの場合は、
よりラインに沿って真っ直ぐ振れるほうが方向性は出しやすくなります。

極端にいえば、全く直角にシャフトとヘッドが繋がった「正T字型」のパターを、
真上からライン上に吊るして振り子のように振るのが最も正確です。

しかし、人間の体の構造や、
「ラインを跨いでパットしてはいけない」というゴルフルールの規定などから、
このパターは現実的には利用は不可能です。

そこで「シャフトが斜めに構えられていても、
極力直線的にライン状を振れるパター」が工夫されました。



パターの相性は人それぞれ


これはルール上可能な限り、
重心距離に比べて充分大きな重心深度を持つことで、
事実上シャフトの角度による円運動を相殺してしまうという設計です。

この考えに基づいて作られたパターは、
机の上にシャフトを置いてヘッドを端から出した時、
トゥのほうが下に下がらず、
フェースがほぼ真っ直ぐに上を向きます。

こういうヘッドの重量バランスで「極力ライン状を直線的に打てる」ように設計されているのが
「フェイスバランス」と呼ばれるパターです。

パターは人それぞれが持つ、違う打ち方、違う感覚に対応して自分にあった物が選べるようなバリエーションが揃っています。

マレットタイプ

ゴルフ場のグリーンの整地や土の素材、
温度管理、芝生の品種改良や育成方法の向上などは、
より微妙なアンジュレーションや、芝生の短い刈り込みを可能にし、
ゴルフ場のグリーンはどんどん「綺麗で速い」ものへと変革されて行きました。

これに伴って、これまでの「強く打つ」だけではラインが微妙で、
転がりすぎたり大きくカーブしたりしますので、
カップに寄せきれなくなり、
さらに微妙なタッチで「軽く柔らかく打てるパター」が必要になってきました。



軽く打っても方向がぶれない


パッティングは軽く打つほどヘッドを真っ直ぐに保つのは難しくなります。

そこで、ヘッドを重くして重量を分散し、
重心距離や重心深度を大きくすることで、
軽く打ってもフェースの向きが変わりにくいタイプのパターが次々と登場します。

最初に作られたのは「マレット」と呼ばれるヘッドの後ろの部分を大きくして
重心深度を深くしたものです。

やがて、このタイプの改良型として、
マレットの後ろにさらにゴルフボール状の塊2つ分を並べることで
「モーメント」を一挙に大きくした「ツーボールタイプ」が登場します。



パターは打ち方と伴に多様化


以降は、ゴルフクラブメーカー各社が様々な工夫と設計思想で、
次々と斬新なデザインを作り出しています。

最近では、「アンサータイプ」の思想で打点の裏側を軽くし、
両サイドに重量を配分した上で、
さらに重心深度を深くしてモーメントを上げているという形が多くなってきているようです。

また、このパターの多様化に伴って、
パッティングの打ち方も多様化して来ました。

前傾姿勢を深く取らずに、
なるべくライン上を直線的に振り子のように打つスタイルや、
手首の動きによるシャフトの回転を止めるために、
肘と型で五角形をつくって打つ方法など、
人によって様々なバリエーションがあります。

アンサータイプ

こういったブレード型の進化の完成形とも言えるのが、
カースティン・ソルハイム氏が発案した「アンサー」というモデルです。

「これぞ答」という名のパターは、ヘッドの打点の部分を薄く、
トゥとヒールに重量を持たせることで、スィートスポットを大幅に広げ、
さらに重量が周辺に配置されることで
「モーメント」という「シャフトの回転しにくさ」を大きく向上させました。

この開発は、以降のゴルフクラブの歴史において、
パターだけでなくアイアンやドライバーの設計思想にも大きな影響を与えています。



パターの主流の完成


「小さく構えて大きく打つ」これまでのパターの利点は残したまま
「流しこむように振り子で降る」方法にも対応して、
正に万能性を発揮したことから、以降、この基本形は「アンサータイプ」と呼ばれるようになり、
ゴルフクラブのメーカー各社がこのデザインを元に改良を工夫して、
今のパターの一つの主流の形になりました。

この後、グリーンのメンテナンス技術向上に伴い、
さらにパターの形は変化していきますが、
今でもこの「アンサータイプ」は多くのプロゴルファーを始めとするゴルフプレーヤーに愛用されています。



すべてのクラブに思想が反映


このアンサータイプは一言で表現すると
「ミスヒットに強い」ということになります。

多少芯を外してもスィートスポットが広く、
距離の差が少ないという利点があります。

この設計思想を、アンサーを発売したピン社がショット用のアイアンにも応用して開発したのが「ピン・EYE(アイ)」と呼ばれるシリーズで、最初の「キャビティアイアン」といえます。

ここから、ショット用のアイアンの主流も、
この「アンサータイプ」の思想を受け継ぐものとなり、
今ではドライバーの設計にも取り入れられています。

ブレード型

最も初期のパターは
「ロフトのほとんどないアイアン」といっていい形をしています。

今よりも荒れが激しかった昔のゴルフ場のグリーン上では、
ヒットの直後は極力ボールが地面に転がらずに
グリーン上のでこぼこに影響を受けないように打つほうが、
より正確に方向が出し易かったようです。

ちょうど、ボーリングのボールにフック回転をかけても、
最初のうちはしばらくレーンの上を滑るように移動するのと似たゴルフボールの動きです。



強いボールが打ちたかった


ゴルフ場の芝生も、あまり短く刈るとすぐに枯れてしまいましたので、
全体的に今よりも草丈が長く「重い」ものでした。

この為、当時はパッティングでは比較的強く打ち出す必要がありました。

また、カップに近づいても多少のでこぼこや
草の摩擦力に負けない強い転がりのボールが必要でした。

ショットと同じように強いインパクトを出すためには、
スイングバランスの軽いブレード型のパターは有効です。

インパクトの強さで距離感を出すことができるので、
微妙な距離の違いや芝目の違いに、
打感で合わせることができるのがメリットです。



パット・イズ・マネー


このブレードタイプもいろいろな工夫から形が進化しました。

初期のものは、ショット用のアイアンの変形から「L字型」と呼ばれるものから始まり、
グリーン上でも出来れば空中にゴルフボールを浮かせて打ちたかった時代なので、
小さなロフトでもボールを上げやすくするように、
底のほうを厚くして重心高を下げたものが出来ました。

また、できるだけシャフトの付け根を重心に近づけて重心距離を縮め、
方向性のコントロールがしやすいようにした「T字型」が生まれ、
更にソールを斜めにしてトゥを持ち上げることで
シャフトの回転による方向の乱れを少なくできる、その名の通り賭けに勝てる「キャッシュイン」タイプが開発されます。

グリーン進化とパットの変化

ゴルフクラブはより使いやすい物を求めて、
日々といっていいほど、年々歳々進化の工夫と開発が行われ、
その形や材質に新しいものが生まれています。

特にパターは、人それぞれの体格や打ち方、
性格などにも合わせたバリエーションが豊富です。

これまでにも、色々なメーカーから実に様々な新しいアイディアを盛り込んだ製品が世に出されていて、
自分にあったものを見つけるのが最も難しいクラブだと言えます。



パターは最も多様なクラブ


パッティングは時代によっても変わってきています。

一時代前のゴルフ競技におけるパッティングのスタイルは、
ジャック・ニクラウス選手やセベ・バレステロス選手、
青木功選手に代表されるように、前傾を深くして小さく構え、
短いパターで強く打つという方法が主流でした。

これは、以前のグリーンは今のものより荒れた物が多く、
グリーン上の細かい起伏や芝の生え方の起伏にぶつかってよってボールが左右に跳ね易かったため、
比較的強く打ち出す必要があったことによります。

パターそのものも、その打ち方に沿ってブレード型やL字型、T字型、
キャッシュイン、アンサータイプといった、アーク状のスイングでしっかり打つタイプが主流でした。



パターは時代と伴に変化


グリーンの地面の整備や芝生のメンテナンス技術の向上により、
ゴルフ場のグリーンはみるみる「速いグリーン」に変化して行きました。

細かい「でこぼこ」といったような不確定要素の状況がなくなる一方で、
ちょっとしたタッチの差で転がり方が変わり、
おおきなうねりのアンジュレーションに大きく影響を受ける事になって、
難しさの質が変わってきたわけです。

これによって、パターの形も、強く打つものから、
そっと流しこむ、大きく構えて小さく打つものに変わりました。

強く打つ時は方向が出しやすいのですが、
そっと打つほうがヘッドの向きは維持しにくくなります。

マレット型を皮切りに、
ヘッドの大きなパターが主流になっていった原因です。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ