上り下りを認識しよう

普段歩いているときも、
坂道などを見つけたら、
高低差を意識してみましょう。 続きを読む…

いつも歩幅を一定に歩こう

もともと「1ヤード」というのは「1歩」という意味です。 続きを読む…

アプローチは1階、ドライバーは2階

ほとんどの練習場には、
1階打席と2階打席があります。


その日の込み具合によっては、
どちらで打てるか選べないことが多々ありますね。 続きを読む…

ティーグランドは傾いている!

ゴルフでラウンドする時、
2打目や3打目と違って、ティーグラウンドは
練習場と同じように打てそうな安心感があります。 続きを読む…

得意なクラブは徹底練習

練習場での成功率で自分の得意なクラブを探す方法の他に、
先にクラブを決めて得意にするという考え方もあります。 続きを読む…

アイアンのライ角をチェックしよう

アイアンの「ライ角」はかなり重要ポイントです。

アイアンセットは、単にロフト角度や
シャフトの長さの違いで色々な距離を打ち分けられるようにしているだけでなく、 続きを読む…

「ゴルフだこ」はどこにできる?

ゴルフの「まめ」や「たこ」がどこにできるかで上手く行っているのか、
何か問題があるのかが 続きを読む…

きれいなフィニッシュのコツ

綺麗でかっこいいフィニッシュは、
それだけで上級者に見えるポイントです。

これは、正しいゴルフスイングの集大成の結果が、
フィニッシュのスタイルになって現れるからです。

きれいなフィニッシュの体勢をつくることを意識していくと、
自然とスイングの問題点も明らかになっていきます。

フィニッシュが綺麗にかっこ良く見えるポイントが、いくつかあります。

意識してそのスタイルになるように練習してみましょう。



フィニッシュの足の形


下半身のポイントとしては、
左足の爪先の向きがアドレスから変わっていないこと。

この向きが変わっているとすると、
インパクトで左足がしかりと時計回りに捻られていません。

また綺麗なフィニッシュでは、
右足はつま先立ちに垂直に立って足の裏が目標と反対に向きます。

この形にするためには、十分な右足の蹴りが必要なことと、
インパクトまでボールに向かっていた蹴りの方向が、
インパクトと同時に目標の反対方向にねじられる感覚が必要です。



フィニッシュの左手の形


ゴルフのプロや上級者のフィニッシュでは、
フェースの向きがかなり下向きになっています。

これは、左手のひらが空を向くほど返っていて、
インパクトで充分にスナップされていることを意味します。

インパクトでスナップがしっかりしていると、関節の相関関係から、
フォローで左肘が「フライングエルボー」になりにくくなります。

フィニッシュで左手のひらを上に向ける意識は、
正しいインパクトを作りやすくなるということです。

フォローのコツ

ゴルフスイングのフォローは実際にはボールを打った後なので、
球筋に影響が出ることはないのですが、
インパクトの直後の体の動きが正しくゴルフボールを捉えたかのバロメーターになります。

逆に云うと、正しいフォローのスタイルを意識することで、
正しいインパクトフォームを作りやすいと言えます。

大きなフォローを心がけると、
結果的にインパクトフォームが正しくなると同時に、
しっかりしたヘッドスピードの維持にも繋がるわけです。



体と頭を起こさない


レッスンなどでゴルフスイングのフォローの時によく言われる注意点に
「ヘッドアップしないこと」があります。

これは「打った後もボールのあった位置を見続けること」が目的ではなく、
インパクトフォームの時に右傾の体勢が崩れて体が起き上がらないようにすることが目的です。

「ボールの行方を追わないこと」よりも「体や頭が起き上がらないこと」に意識を向けましょう。

このためには「飛んでいくボールの下側をのぞき込むイメージ」や
「ボールを追う目は下から上ではなく右から左に動かす」ことなどがコツになります。



フォローは右手を伸ばす


大きなフォローは、意識的に右手を目標に伸ばすことで作りましょう。

インパクトの直後に左手首のスナップで引っ張られた右手を
そのまま一気に真っ直ぐ目標に向けて伸ばす意識です。

この時、胸の向きも目標に向かいますので、
ゴルフクラブは真っ直ぐ体の正面で目標に向かっている体勢になります。

手首が甲側に返った左腕の「脈」をとるあたりと、
右腕の前腕の内側がぶつかるくらいの感覚が分かると球筋も安定してきます。

インパクトのコツ

ゴルフボールを狙ったところに飛ばすには、
「最も重要な瞬間であるインパクトを、
いかに正しいフォームで迎えるか?」しかないと言っていいと思います。

正しいインパクトフォームでは、
アドレスと違って腰の向きが目標側にねじれています。

この為に背骨と上体の角度は、
アドレスのように前かがみではなく
「右に倒れた形」を意識する必要があります。

インパクトの瞬間のゴルフクラブのスイングの動きは
「前かがみになって右から左にクラブを振る」というよりは
「右に倒れた体勢でゴルフクラブを後ろから前に振る」という感覚のほうが合っています。



一気に左手首をスナップ


ゴルフのプロや上級者のフィニッシュを見ると、
左手のひらが空を向くほど、手首が甲側に返っています。

どこで、ここまで手首を返しているかというと、インパクトの瞬間です。

この時、ローテートやコックが動かずに、
スナップ方向だけできるだけ瞬間的に返すことがポイントです。

左手首が充分に返ると、
この後のフォローでも左肘が体の外に抜けなくなります。

また、返った左手首に引っ張られる形で右手が伸びますので
結果的に大きなフォローを作ることができます。

もちろん、インパクトの瞬間のヘッドスピードも上がります。



ターフは目標に真っ直ぐ


このインパクトの瞬間に意識することがあるとすれば、
「ボールを捉えた直後の20センチくらいは、ヘッドを真っ直ぐ目標に向けて動かす」ということです。

イメージとしては、ショットで剥ぎ取るターフが、
真っ直ぐ目標に向かって跡が残る感覚です。

実際にターフが取れなくても、この区間のヘッドは、
そのイメージの上を動くように意識しましょう。

ここが真っ直ぐ動かないと、出球の方向が狂います。

真っ直ぐに行かない理由は、ダウンスイングでシャフトが正しい角度で下りていないか、
腕のローテートがトマ行っていないかのどちらかです。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ