ゴルフはメンタルが命!出来ていることを褒める視点を持とう!

ゴルフは日常の動作にない、長いクラブでボールを打つのですから、自然に出来るようになるまで練習するのが大切ですね。

ここで、苦手意識があったり、失敗したら嫌だなとか考えすぎていては安定した打球を打てるようにはなりません。

練習場では会心の当たりなのに、コースに出るといつも調子が悪くてがっかりしているなんていう方は、練習球の特徴を知っておくといいですよ。

ゴルフ練習場で使われているボールというのは、レンジボールと言ってコースで使用するボールとは違う特徴を持っています。

玉離れが悪く、スピンが多くなる、打ち出しが低いという傾向があります。

練習場でミスショットが出ると大きく曲がりやすいのは、こうした特徴が影響しているといわれています。

こうしたことを知らずにいると、練習場での感覚との違いに、コースに出て焦ってしまいます。

感じが違うと力んでしまって調子を崩すこともあるのです。

練習場で大きく曲がった弾道を出していなければOKで、少しスライスするくらいでちょうど良いのだと思いましょう。

練習場のレンジボールと、コースで本球を打ったときの違いを、あれこれ考えすぎることが不調の原因だと言うこともあります。

ちょっとイメージ通りに打球が飛ばないだけで、スイング軌道を気にしたり、多くのチェクポイントをおさらいしてしまうことは避けたいですね。

うまく出来ていることを見つけて、今日は良く振り抜けているとか、リズムがいいとか肯定的にとらえて、メンタルで崩れないようにプレーしたいですね。

ゴルフプレー時のレベルブローとアッパーブローを考える

気持ちよく振り抜いたはずなのに、天ぷらショットになってがっかりということはありませんか。

ゴルフの一打目を飾るドライバーは、ティーアップして打ちますからボールの底をたたいてしまって前に飛ばずに上に上がるショットになりやすいのです。

これは、ダウンブローといって下降軌道が強すぎて起こることがあります。

ドライバースイングでも、レベルブローやアッパーブローといったアイアンの基本軌道を確認してみましょう。

軌道がアウトサイドインになりがちな人、手首の角度が問題になっていることが多いものです。

ゴルフスイングは頭の位置が重要だと言いますが、こうしたミスショットも頭の位置を意識することで修正出来ます。

スウィングを始めたときと、インパクトの頭の位置がずれないようにスウィング出来れば、レベルブローになりますが、頭の位置が後ろに残るとアッパーブローにすることが出来るのです。

ダウンブローの時には、アウトサイドインの軌道になっていることが多いので、ヘッドの一番低くなるポイントが目標よりになってしまうことで天ぷらショットが生まれると言うことなのです。

もう一つのポイントである手首の位置ですが、手首を解放するタイミングをもう少しだけ早くして、クラブのスピードが一番出ているときにインパクトできるようにしてみましょう。

ヘッドの入射角を安定させるトレーニングとしては、ティーよりも目標よりに四つ折りのハンドタオルをおいて、それにぶつからないように振ると強いダウンスイングを解消することが出来ます。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ