ゴルフでは、ヘッドを走らせると言った表現が使われます。

華奢に見える女子選手でも、トッププレイヤーは、ドライバーで250ヤード飛ばしています。

ヘッドスピードそのものが、アマチュアゴルファーと変わらないか、それ以下であっても女子プロゴルファーは、距離を出してしまうのです。

運動部に所属経験のある、腕力に自信のあるアマチュアは、力に任せて距離を稼ごうとしがちですが、ゴルフの飛距離は、ヘッドスピードばかりでなくスピン量や初速が問題になってきます。

回転が多すぎると距離が伸びず、腕力はあるのに飛ばないという悩みを持つことになります。

ゴルフでは、ヘッドを走らせる腕の使い方をマスターすることで、距離が出るようになるのです。

シャフトがビュンと音を立てるように、クラブを振り抜きます。

このとき、テイクバックとフォローで腕のローテーションがうまく出来ていると、力むことなくカラダの正面でビュンと音が鳴るはずです。

しなりをうまく利用して振っている感覚が大事ですから、ゴムホースなどしなりが感じられるものを使ってスイング練習するのもおすすめです。

カラダや腕をしなやかに使って、しなり逆らわずに音を立ててスウィング出来るように腕を使う工夫をしてみましょう。

カラダに腕が巻き付くような動きで体幹をしっかりさせて、一気に振り抜く感覚をつかみましょう。

左肘が折れていたり、わきが空いてしまうのはNGですから気をつけてくださいね。>

1.ヘッドアップ

スコアが80くらいになってきた人でも、頭が早く上がると最後までボールを見ることが出来ないのでスコアが乱れてきます。

ボールの行方が気になって無意識にインパクトの瞬間を見ることなく頭が上がることで、思うようにボールが打てなくなるのです。

リラックスしてインパクトの瞬間を見るつもりで丁寧にスイングすることです。

ゴルフは、いろいろなポイントを気にしだすと、スイングのバランスそのものまで乱れてしまい、ラウンド中に取り戻すことが出来なくなことがあるのでまずは、ヘッドアップをチェックしましょう。

2.スライス

インパクトでフェースが開いていることが原因になっていることが多いですね。

「ゴルフコースで、まっすぐ飛ばせたら距離が稼げるのに・・・。」

スライス回転のボールは、バックスピンもかかっているので距離そのものもでない打球になっていることが多いのです。

そんな悩みを解消するためには、ハーフスイングで6割程度の力でわざとフェースを開いたままでスイングして、戻す感覚を確認します。

ドローボールが打てるようになったらいつもの打ち方にすると良いでしょう。

3.強いインパクトが出来ない

ゴルフの爽快感は、ショットがしっかりミートしてボールが遠くへ飛ぶ瞬間似感じるのではないでしょうか。

なのに、遠くへ飛ばしたいと思い切りクラブを振っているのに、しっかりミートできないと感じることも悩みの種です。

強い風を送るようなイメージで、回転に逆らわずしなやかな動きでスイングしたいですね。

自然なスイングのリズムを、素振りでしっかりカラダにしみこませることで、ブレないでボールを打ち込むことが出来るでしょう。

 

■プロフィール

7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f
ゴルフレッスン講師の若宮 努(わかみや つとむ)と申します。記事の続きを読む⇒

ゴルフ動画

BMW選手権 ベストショット トップ10 タイガー・ウッズ グレ-トショット(2005-2009) 石川遼 スーパープレイ 2012年全米オープン タイガー・ウッズ スローモーション

商材一覧

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    ゴルフ教材(DVD)ランキング

    第1位
    【7日間シングルプログラム】



    第2位
    【速効!ゴルフダウンブロー上達術】



    第3位
    【ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム】



    第4位
    【体幹軸スイング】



    第5位
    【女子ゴルフ 横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット】



    第6位
    【世界最新 新左一軸ゴルフ上達プログラム】


    カテゴリ一覧

    リンク集ほか

    サイト内検索

    ページの先頭へ